07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
  ココメリータ ストア cocomerita へは こちらから!
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
あのね、、
 
JUGEMテーマ:叫び!
 
聞く気はないのに
いやでも人の話が耳に入ってくる時がある。

昨日のバスの中での会話

キャスト:イタリア人男20代前半 
     イタリア人女18-20歳と思われる


オトコ 「今晩ミルコが家に来るんだ」

オンナ  「 あ、そうなんだー」

オトコ 「サッカーの試合がテレビであるから、」

オンナ  「あ、そうなんだー」

オトコ 「でもミルコってすぐに言い訳するから、来ないかもしれないなー」

  私考「じゃあ、まだ約束してないんじゃん」

オンナ  「あ、そうなんだー」
  
  私考 「その、、だーという
      意味のない言葉じり伸ばすのやめてくんないかな」


オトコ  外を歩くアジア人の女の子を見かけ
     「ベトナム人いいなあ、、
      僕の好みってちょっとspecialなんだよね、、」

  私考 「あのね、イタリア人の男は概して外人の女の子が好き。
       あんたの趣味はspecialでもなんでもなーーーい!」

いきなり オンナ 「あなたの横顔って素敵」

オトコ え、そうかな。 よく言われるんだよね。
     ハハハ ありがとう、いやー君って親切だなー」

  私考 「???」

当然彼らがバスを降りる際、チェックさせていただいた。
このしょっちゅう褒められるというこのオトコの横顔

  私考 「

       蓼喰う虫も好き好き  
            とはよく言ったもんだ。


しかし、、

こうして他人の会話に入り込み、
あーでもないこーでもないと考える私は、
もうおばさんたっぷり。ってことかなあ、、、

と、背筋がちょっと寒い今日この頃、


 
auther:JUNKO, 私のイタリア, comments(12), -, - pookmark
所詮奴隷
 
JUGEMテーマ:欧州サッカー
 
Calcio Mercato(カルチョ メルカ―ト)を見ていると
どうしても思いがその昔、遠い昔
古代ローマのコロッセオでの戦いに思いが及んでしまうのは
    
         私だけでしょうかね?


お金で、チームからチームに売られたり、買われたり
その昔、コロッセオで見世物のために闘わされた奴隷と
全く変わらないじゃない。


いわゆる     高級奴隷制度

違っているのは、その昔奴隷が勝利の糧として得たのは、自由のみ
今は、大量なるお金 お金 そして名声

コロッセオの戦いが、
ローマ市民を政治への興味や不満から遠ざけるためのものだった
という
 
          目論見まで一緒。


古代ローマ人が引っ掛かったわなに
現代ローマ人もまんまと引っ掛かり

彼らは自分のひいきのチームの勝利に狂喜し、
敗北に激怒し
彼らの何百倍も稼いでいるプレイヤーを神のごとく崇める。

この国ってさ、
街並みはおろか
結局古代ローマ時代とやってること
なんら変わってないってことなのよね。


サッカーは好きだけど、
なんかおかしくない?このシステム。




 
auther:JUNKO, 私のイタリア, comments(2), -, - pookmark
実は危険が一杯なんだけど、、
 
 
JUGEMテーマ:叫び!

クローン牛が安全で食用に問題ないと言ってるそうですね。

相変わらずの日本のいい加減さにあきれるやら

                     腹が立つや

大丈夫だと言って
白血病の人たちにエイズに感染した人の血液製剤を使用したこと

   
            もう忘れましたか?

もっとさかのぼれば、
工場の廃液をきちんと検査もせず
多くの障害のある子供たちを生み出したこと


            もう忘れましたか?

       のど元過ぎれば熱さを忘れる。

       忘れるの早すぎると思いませんか?

   国民の健康がそういう無責任な、他人事な、あいまいな
   そういう基準で守れると思っていますか?

   もしくは  守る気なんてないんでしょうか?

海外から輸入されるワインに、
保存液が注入されてるのをご存じですか?


ワインは、古くなれば、お酢に戻る

保存液よりお酢の方が毒性が高いとお思いですか?
お酢はすっぱい。
誰もすっぱいワインは飲みません。
でも、保存液の味はわかりません。
だから飲みます。知らないで、

建築資材
どれだけ毒性の高いものが出回り
政府の認可があるということだけで、
それがどれだけ平気で使われているかご存知ですか?


なぜ、
今新築の鉄筋の建物に、換気扇を常設しなければいけないのか?

なぜだか、訊ねたことがありますか?

家の壁の中までは見れません。
磁気がどれだけ私たちの健康に害があるかご存知ですか?

シックハウスの問題は、ないがしろにはできない恐ろしい問題です。
私達はその中で、
毒気の充満したその中で、暮らし、食し、睡眠をとるのですから


自分の勘を磨くしかない。
言われたことを鵜のみにするのではなく、どうして?なのか
一度問いてもらいたい。

口にする前に
住む前に

私たちの健康と暮らしは最終的には、国は守ってくれません。
自分の子供が口にする
自分の両親が、、若しくは自分自身がそこに住む。
となったら、こんなにいい加減ではいられないと思うのですが

    だから、気をつけてほしい。
  気をつけないといけない、一人一人が。

クローン牛は食用可ですか?
安全とおっしゃるのですね?

    だったら、自分の子供に食べさせてみればよい。




 
auther:JUNKO, 私のイタリア, comments(8), -, - pookmark
こんな人に出会った
 

JUGEMテーマ:叫び!
 
JUGEMテーマ:日記・一般

行きつけのピザ屋さんに行って

そのあと腹ごなしにお散歩してたら

こんな人に出会った。



          ちょっと どっきり!!
  したけどね





  彼が配ってたビラは これ!!



  僕らの町から人種差別する奴らを追い出そう!
 
イタリアは、他の国々と地続きなのと、
海をちょっと渡ればモロッコとかのアフリカ大陸から

違法な移民がどんどん入ってこれる。って言うことで
移民の問題が深刻です。
イタリア人は、犯罪が増えるのは移民が多いからだと言い
移民は彼らのポストを奪うから、失業者が増えると言います。
彼らが移民とみなさない日本人の私でも、
時々、きまりの悪い思いをすることがあります。

だから、

  こういうのはちょっと嬉しい。

  思わず  ニッコリ。

 
auther:JUNKO, 私のイタリア, comments(8), -, - pookmark
ありえないっしょーー!!
 
JUGEMテーマ:叫び!
 
しかし

日本人ほど時間に正確で
几帳面な国民は
世界中探しても  いない   と思うのである。

1分遅れても、お詫びをする新幹線の車掌さん

先日も日本人の友人と待ち合わせ

バスがなかなか来なくて私の到着は遅れ気味
1:30の約束のはずが私はまだバスの中
あと、5分たったら、電話を入れようと思っていた矢先
鳴り出す携帯電話

    1:30ぴったり、、、    やっぱ、、ね。

私の母は、いつも約束の5分前には着いているようにと言っていた。

それなのにさ、、
奴ら、、
そうそう、らって私が呼ぶ時は、イタリア人関係

約束の時間ってのは、あくまでも会う時間の目安
だと思っている。

今日も、ファビオが12:30にアポがあるという。
私は、12時ころからそわそわ

  ねえ、もうそろそろ出たほうがいいんじゃない?

 大ジョブ、大ジョブ 15分で着くから、、

  あ、そ
 −−−−−−−−−−、、、、
  
  ねえねえ、もう12:25だけど

 いまでるとこ

  あ、そ

 −−−−−−−−−、、、、

 ふと見ると、12:30約束の時間ジャン
彼が出かけた形跡は    
            ない。


  ちょっとーーー!!
  ねーーーーーもう12:30だけどーーー

 
 ふと見ると、当のご本人トイレの中で、着席中


 あり得ないでっっしょ――
 約束の時間にまだ家にいて
 それものんびり○中なんてさ

いらつくんだよねーー  人ごとながら
お出かけするまで自分の用さえできない。

     悲しい日本人の性である。




 
auther:JUNKO, 私のイタリア, comments(14), -, - pookmark
灰色12月
 
JUGEMテーマ:叫び!
  誰にでも
相性の良くない月ってのがあるそうで
    厄月。とまではいかなくても
何か物事がうまく運ばない、難しい月があるそうだ。

色で言うと       灰色

私にとって、それは12月と1月
いろんなことが毎年この時期になるとぐづつくのである。

今年もか、、、と思っていたら
それに輪をかけるように起こる不都合の数々

泣きっ面に蜂なんて誰が言い出したか知らないけどさ

      
          勘弁してくれいーーーー!!



まず、今朝起きてみたらね 電話が不通


早速Telecom(日本のNTTね。)に電話をすると、
電話線の故障で、金陽までに誰かが修理に来る。  
で、
金曜日までに来なかったら、再度土曜の朝に電話しろ。だって


大体、金曜日までに来ないことを前提に話してるとこが、
              不気味であるとともに不愉快


大体、きょうび電話線が通じなくなるなんて

              第三国以下のレベル

                  勘弁してよ。とほほ、、、

それに加え

昨日2週間待たされた挙句、やっとヒーターの修理がやってきた。

寝室のヒーターが暖まらない。

バルブを変えて,    ハイ200ユーロね。

                   高い。

そこまでは、、でも、、まだいい。

問題は昨日の夜

そのヒーターからひどい水もれ
こっちのヒーターは、水を回して温める方式
一晩中ひたひたひたと結構な勢いで出てくる水に
その音と
そして水受けにおいたボールからそのうち水が溢れるのではないかと

気になって眠れなかった私たち

その修理屋が、今朝来るといっておきながら

                    まだ来ない。

今日は銀行にも行かなきゃいけなかったし、
           やることいろいろあるのに


                  私はまんまと家に足止め

大体、修理に来ておきながら、状況を悪化させて帰る。
                  ってのはどういうことよ。


この国ではこういうことが結構ある。

こういうとき、私の忍耐は極限に達し
このどうしようもない国に対する憎悪があふれだし


         どうしてくれよう、、、こいつら。と思う。


そして、

         もう日本に帰ろっかなーと思うのよね。

イタリア人であるファビオは結構のんびり構えてて

      問題はなんでもいずれ解決する。   
なんて言ってるから


          思わず口から出る叫び

      イタリア人であることを恥ずかしく思え!!


        あーあー本当に12月と1月は、最悪なんだ。。




 
auther:JUNKO, 私のイタリア, comments(16), -, - pookmark
ちょっと変だよ
 

 
JUGEMテーマ:叫び!

今年の漢字は「変」が選ばれたそうだけど、

やっぱり
地球も
どっか    

ローマはもう二週間以上も、          

こっちにきてもう20年以上になるけれど、
こんなに降り続いたのは見たことない。

おとといの夜も、雷雨
雷雨っていうのは、どんどんピカピカ激しいけれど
長くは続かないものと
      今まで思ってたけど
この夜の雷雨は一晩中

  ゴロゴロ  ピカ  ドンドン ドーン

最後の方には、怖くなった。

その前には、ものすごいひょうも降り、

やっぱ変だよと思っていたら

ローマではテベレ川が氾濫寸前だって

ベニスのことを笑ってたけど、そうも言ってられないらしい。


で、早速見に行く私たち

さすがはローマ人
コロッセオの時代から、野次馬根性は 天下一品
で、、わざわざ見に来たのは私たちだけでは、、

  全然
         なかった。。。



といっても、うちはものすごい近いの、ここから。

         と、ちょっと言いわけ、、でもホント。(笑)








自然は馬鹿にはできません。
,,と言いながら、こうやってうねる濁流を野次馬気分で見ている私たちは

   まだ、その怖さを知らない、、

              恐ろしいもんだ。




 
auther:JUNKO, 私のイタリア, comments(8), -, - pookmark
日曜だから、ちょっと遠出してみた。
 

 
JUGEMテーマ:ヨーロッパ
ローマに帰って来て
一息つく間もなく
私の大量に存在する甥や姪の中から
慶太君がやってきた。

マキが来て、勇太郎が来て
そして絵里ちゃんが来て

彼は4番目

私が大好きな人たちに
私が大好きなものを紹介するのは楽しい。

今日は日曜
天気もいいし

ローマ郊外のカルカ―タという町に行くことにする。
この町は、私のお気に入りのひとつ
紀元前1300年に出来上がった町


カッシアビスという自動車道路を走り

だんだん山の緑深くなり、
道、間違えたかな?と思う頃にこの町はその姿を現す。

イタリアにはこういう町が少なくない。
ある人に言わせると、
こういう町には、その昔どろぼう一族が住んでいた。
とも言う。

大きな町に盗みに行ったあと
足がつかないよう
山奥深い隠れ里にわざとアジトを作る。

シンと寒い空気の中
古びたレンガの屋根から立ち上る煙を見ていると

大泥棒の大親分のおかみさんが
彼の帰りを待ちながら
暖炉で、スープを作っている、
そんな光景さえ浮かんでくるから不思議だ。

ほんの束の間のタイムスリップ







イタリアの古い街に猫は欠かせない。

 
auther:JUNKO, 私のイタリア, comments(16), -, - pookmark
猫の神殿
 
JUGEMテーマ:にゃんこ


私が住んでいるローマには、
猫の神殿」と呼ばれている場所があります。
私からすると、「猫の楽園

初めはただの遺跡だったんだけど、
きっと一人、又一人とそこに猫を捨てに来て、

いつの間にか、たくさんの猫がここで暮らすようになったんだろう。

今は、しっかりローマ市の管轄になって、
ビデオカメラも取り付けてあり、
猫を捨てに来る人は、最低1000ユーロの罰金

いつの間にか、
ローマの名所になってしまい、
訪れる観光客も、少なくない。

場所は、Largo Argentina
ベネツィア広場の近くです。

ローマに来る機会があったら
一度、ぜひ、行ってみてね。




















猫たちだけの不思議な沈黙の世界
覗いてるとね、
なんだかこっちがお邪魔虫に見えてくる。。から不思議
JUGEMテーマ:にゃんこ


JUGEMテーマ:にゃんこ


 
auther:JUNKO, 私のイタリア, comments(14), -, - pookmark
Big Friendly Giant
 
JUGEMテーマ:叫び!


どきどき
   はらはら  イライラ の10日間もあっという間に過ぎ去りました。

舞台初日の日曜日は、抜けるような青空

そんな青空のもと、私は相変わらず

          ちくちく、、ちくちく、、ちく  
       (あいもかわらず、、、手縫い

開演のぎりぎり1時間前になって、
監督が、主役のソフィアのネグリジェが長すぎるから、切ってほしいといいだした。

   「長いなら長いで、もっと早くに言えっつーんだよー
      このくそったれ野郎がー!!」

と、普段では決して口にしないような? 汚い言葉もつい口をついて出てくる。


ミシンで、サッサと縫おうと家に走って持って帰り
縫い始めると、、、、

         
         縫えない。
              縫えないじゃ〜〜〜ん!!

                  今度は薄すぎるのだ。

またしても、

     「手縫い〜〜〜」 AGAIN

これはもうカルマ以外の何物でもない。

時間はもう30分ほどしかない。

焦るから、その分手が震えて、
運針が全然進まない。

ファビオは5分おきに電話をかけて来て、私の焦りの炎に油を注ぐ

   「のねーーーー!!こっちは必死で縫ってるわけよ。
    そういう時に五分だか二分おきだかに電話をかけられるとさー
    どういうことになるかわかってる訳ー??
    そのたびに、仕事を中断しなきゃいけないわけよ。
    だからね。
    がたがた言わずに、黙って、待ってなさいーーーいーーーー!!

何とか縫い終わり、、(震えて縫ったから縫い目はガタガタ、、知ったことか!!)

    
さて、   自転車に乗っていこうと思ったら、、

       タイヤがぺったんこ、、、


               、なんで〜〜〜!!

しょうがないから、ネグリジェ片手に
                         走る

道行く人は、なんだと思ったでしょうね。

ピンクのネグリジェ片手に、大疾走の、、、   それも   東洋人

と言うわけで、
         舞台は、約30分遅れで始まった。



                       開幕5秒前の舞台裏、、


 
 ソフィアは、孤児院で暮らす女の子
  ある夜、孤児院の庭でジャイアントを見かけてしまう。
  村人に知られて動物園に入れられることを恐れたBig Friendly Giant
  彼女をさらって、森の中の自分の家に連れていく。




  体は大きいけれど、心やさしく、子供も食べない彼とソフィアは
  大の仲良しになっていく。










この二人が、子供を食べる悪い奴ら
  Inghiotti ciccia viva (小さな子供を丸飲みモンスター)
   Vomitoso (吐き気がするくらいとんまモンスター)





   真剣に見入る子供たち。


   微笑んで見守るファビオ、、嬉しそう。。。(笑)



   そして、、フィナーレ




      子供も大人もみんなみんなニコニコ。。。
                 よかった、よかった、、、


         お疲れ様でした。

    さて、、私が作った衣装はどれかわかったでしょうかね???
 
auther:JUNKO, 私のイタリア, comments(24), -, - pookmark
 1/5PAGES >>
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.