10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
  ココメリータ ストア cocomerita へは こちらから!
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
Trueな自分
 
<< 大きな勘違い | main | クリスマスだからポテトはカリカリ >>
JUGEMテーマ:叫び!
もう、だいぶ前なんですけど、
   はた
と気づいたことがある。
私は、”私っていう人間”なのではなく、
”私っていう人間”をやっているな。  と。

私達の魂は私達の本当の性格を知っています。
その私の魂が、”あんたはこうです。”と云う”私たち”を
果たしてそれをやるのか
それになるのか

魂が知ってるんなら
じゃあ、それをやろうが、
それであろう
大差はないように思えますが。
それが、
あるんですねー
大差

何よりも、”である”になると、自分が楽。
自分を”やってる”間は、行動する前に、
絶対一瞬、自分の頭の中で、考える、

”私”ってのは、この時こうするかな?、、ってネ

この、  が私達を疲れさせるんです。

実際、動物は、絶対に動物をやらない
猫は猫”であり
鳥は鳥”である
犬が犬を”やる”なんて聞いたことがない。

だから、犬や猫に いい子に”しなさい”と
私たちが望む行動を押し付けたら、
遅かれ早かれ、犬でも猫でもノイローゼになる。

だからね
もしかして、私達のストレスは、
こっからきてるかな?と思う時があります。
社会に強制され
社会が望む自分をついやってしまう

じゃなくてさ〜
自分見つけましょ。
んで、なりましょっそれに
True 自分


 
auther:JUNKO, 私が思うこと, comments(18), trackbacks(0), - pookmark
スポンサーサイト
 
 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
Comment
 
ハハハ、、Ciao 水瓶倫さん
エゴイストであることと、自分を大事にすることとは全く別のことであると思います。
ただね、普通の人はそこをごっちゃにする。
そのほうが都合がいいからです。自分に
そういうのには、悪いけど構ってはいられない。
本当に私たちのことを思っている人は、私たちの決断もそれを彼らが気にいるかいらないかは別として、私たちの賢い意志として尊重してくれるはず。
難しいけど、そうしない限り本当の友人など見つからない。
Junko, 2008/12/23 8:13 PM
わかります。私は人にすごく気を遣ってしまいます。
自分のことはいつも二の次にしちゃって。
でも結局相手を図に乗らせてしまって、
どんどん都合のいい人になってしまうことに。
私も悪いんだけど、どうせそんなことになるのなら
最初から自分が嬉しいことを優先して生きていこうって
最近よく思います。友人は少しでいい。

我慢強い分、怒ったらゲリラ豪雨を起こして
キレイサッパリ流してしまうみずがめ座でした。

, 2008/12/23 2:42 PM
Ciao ミモザさん
確かに周りの声も気になるけどさ、
その前に自分自身の内なる声はそれでいいかと言ってるか。ってことだと思うんです。
他人なんて結局自分の都合のいいようにしかものは言わない。
そういう声よりも自分の内なる声こそ無視してはいけないと思うんです。
病気になる前に、
Junko, 2008/12/22 8:57 PM
Ciao cocoちゃん
「使い分けてる」って自覚してるんならそれはもう自分をわかってて、その場に応じてやってるわけだからいいんじゃない?
cocoちゃんは、十分cocoちゃんやってるんじゃなく、cocoちゃんでいると私は思います。
「使い分け」は必要だよね。
じゃないとさ、森の奥深くに独りで住まなければいけなくなるでしょ?
それは淋しいもんね〜〜
Junko, 2008/12/22 8:55 PM
Ciao usagiさん
私は親の愛情ほしい次女だったので、大いにありました。
でも、ある日を境にやめた。
それで、怒って離れていった人たちもいるけどね、そういう自分の都合通りに動く人々に囲まれたいと思う人なら、こっちだってもういいやって感じ。
だから友人も自然淘汰される。
で、私は気持ちよく自分の周りの新鮮な空気を気持ちよく吸う。と、、
あ,毒刺すのね。
気をつけます。(笑)
Junko, 2008/12/22 8:51 PM
他人の批評は気にしないでいられればいいけど。
結構気になってしまう小心者の私です。
周囲の望む私を演じて、病気になっちゃった知り合いがいるので、身につまされるテーマでもあります。
ミモザ, 2008/12/22 7:12 PM
なぁ〜んかいいねぇこのトピック。
私は“私”を演じすぎてもうどれが本当の
私かさっぱりわかんないよ・・ 会社でニコニコ
電車・街中ではピリっとストレス感じてるのが
ベースで家では穏やか時々ヒステリー。。 根は
すっごくイジワルだけれどちゃんと優しさもある
ハズって。 でも今は場所で使い分けちゃって
本当の私がどれかわかんないよ・・・
coco, 2008/12/22 5:45 PM
私も「やっている」感はあるなぁ。。。
それがなりたい自分であったり、
周囲から期待されている反応であったり。
そんな自分にイライラとストレスだったり(苦笑)
動物は「本当の自分」なんて考えなくても「自分」なんですよね。うらやましい。。。。

私もお話に割り込むようですが。。。蠍座です。
怒ると毒刺します(笑)
usagi, 2008/12/22 8:36 AM
Ciao おーりーさん
フフフ、私もときどきそう思います。
動物がしゃべれたら、あ、こういう時なんて言うかなあ、、なんてね。(笑)
うちのチッチなんて、きっとちょっと放っておいてくれないかなぁああ、、というと思います。
, 2008/12/21 7:58 PM
Ciao ベリタさん
初めまして。ですよね?
買いつけの途中にちょっとローマに寄り道って感じですかね??(笑)
ずいぶん前なんですけど、あ、私って今まで私でいたのではなく、やっていたのだな。と思ったのです。
まあ、所詮外目には大して変わりはないのですが、自分の疲れ方は違うな。と思います。
で、私も、ようやく私でいられるようになり、ベリタさんと同じく「Come porta il cuore」でやっています。
私たちの人生の最大の目的は、本当の自分探しだと思うので、それができれば後は楽チン。
そうそう、結局それができれば幸せなんだ。と思います。
また、よかったら来て下さい。
どうもありがとうございました。
Junko, 2008/12/21 7:56 PM
動物はきっと幸せに生きているのでしょうね。
犬や猫の目で世界を見るとどのように
見えるのかなとよく思います。
おーりーおばさん, 2008/12/21 5:58 PM
JUNKOさま
奥が深いですね〜 確かに肉体と魂は別だと考えるとそういう考えも分かりますね。 私はといえばあまり深く考えることもなく本能の赴くままに(第六感と人には言っているが)スザンナタマーロの本Va' dove ti porta il cuoreじゃありませんが、心のおもむくままに、生きています。
でも、よーく考えると、これも一種の守りかもしれないですね?
ベリタ, 2008/12/21 2:14 PM
Ciao ひれんさん
たぶんそうだと思います。(笑)
Junko, 2008/12/21 10:29 AM
猫は猫”であり”
>鳥は鳥”である。

で、
からすはからすである。
彼は人の評価なんて全く気にせず。
我、我を行く
て、感じなんすよ
だから、彼にはストレスがないのね?(爆
ひれん, 2008/12/20 9:16 PM
Ciao ウタさん
ハハハ、それはよかった。

他人の批評なんて、所詮その時次第の無責任なものが多いもんだし、
結局誰が何といおうが、私たちは私たち。
野原の花がみんな一緒じゃ面白くも何ともない。
突進しましょう。しましょう!
ちなみに私は蟹座
大きなはさみを二つも持ってる。
怒ると怖いよ、、(笑)
Junko, 2008/12/20 6:57 PM
junkoさん、こんにちは。
今回の記事は今の私に大ヒットでした。
周りの望む自分でいようと落ち着かせていたけど
やっぱり無理!笑。

ってことで、突進します。

お話に割り込むようですが、私も山羊座です。笑。
*ウタ, 2008/12/20 6:41 PM
Ciao dankkochikuさん
(笑)早々にご来店ありがとうございます。
あのね、、本当に自分を考えることなく、そのままやってる人がいったいどれくらいいるのかな?なんて考えたんです。
自分がそういう時期があったんで、、(笑)

あ、、生まれ時期は全然関係ないっす、、(笑)むしろ、私山羊座の友人多いです。
、、っていうことは、dankkochikuさんもうすぐお誕生日??
Junko, 2008/12/20 5:33 PM
Ciao,Junkoさん 開店一番で参りました。幸運。
また、また、Junkoさんの哲学思考が始まりましたね。我考える故に我ありですか。
ところで、Junkoさんにとって黒か灰の12月、1月説。こちらは、12月を10日残して生まれ、1月に飛び込んだのですが、Junkoさんに敬遠されるかなー。
dankkochiku, 2008/12/20 9:32 AM









 
 
Trackback URL
 
トラックバック
,
 
 
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.