12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
  ココメリータ ストア cocomerita へは こちらから!
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
時間の向こう側
 
<< お散歩行こうよ。 | main | まだまだ夏がいる。 >>
JUGEMテーマ:つぶやき。


JUGEMテーマ:叫び!




アインシュタインが言った
過去も現在も未来も同時に存在し続ける。

それが、ほんの少しわかった気がしたのはおとといの朝

目覚めかけている私の脳に
フラッシュのように湧き上がってきた風景

私は、小学校の6年間と中学の1年間を品川の下町で過ごしました。
東京湾に向かう釣り舟が出るところです。
家は、6件同じ家が並んでいるそのうちの一軒で
家の前の道にはお菓子屋さんが一軒

脇道に駄菓子屋さんが一軒

うちは共働きだったので
毎日母が一人50円をおやつ代として引き出しに入れていってくれる。
その50円を持って、お菓子屋さんに走る。
50円で買えるポテトチップスは小さな紙袋
父がいる日曜は、これでポテトチップスを買っておいで、100円くれるので
おばさんは大きな袋に入れてくれる。

近所にマックという犬がいた。
その時代に随分しゃれた名前だと思うでしょうが
これは、外国名のマックではなく
真っ黒のマックなのだ。

私の大好きだった空間
大げさでなく、道の小石まで好きだった

その頃の情景が生き生きと湧き上がってきた。
そして
その瞬間
その空間がいまだに生き生きと存在し続けているのを感じました。

お菓子屋さんの西條さんのおばさんも
裏の関根さんも
マックも
テレビの前で胡坐をかいている父も

みんな、みんな

そして小さかった私も、

今、私がこうしてイタリアにいる時も
日本でも同じように人々の生活が繰り広げられているように

あの空間もどこかで存在し
脈々と生活が流れている。

その時、空間の向こうで
小さな小学生のじゅんこが
手を振っているのが見えた。


 
auther:JUNKO, 私のつぶやき, comments(14), -, - pookmark
スポンサーサイト
 
 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
Comment
 
Ciao ミモザさん
うわ、やっぱりミモザさんも〜??!
それまではよくわからなかったんだけど、
今読んでる本のせいか、突然納得出来ちゃったみたい。
私は過去を切るのが苦手なので、、こうやってみんながまだ存在してるって思えるのはお助かり。
嬉しいよね。こういうのって。(笑)
junko, 2008/09/01 3:45 PM
Ciao チコリコルさん
ちっちゃいころの私は、、ね
柴犬みたいな子だったと思います。
柴犬見ると自分のちっちゃい頃を見てる気がします。
要するに、、素朴。(笑)
junko, 2008/09/01 3:42 PM
こんにちは。
素敵な文章ですね。私にも小さな頃のjunkoさんと辺りの景色が見えましたよ。
私も過去や未来の自分を垣間見る事があります。
だから、時間の流れは1つではないと私も思います。
ミモザ, 2008/09/01 3:15 PM
夢って不思議だなぁと思います。
過去・現在・未来、全てが出てきたりするのですから。
ちっちゃい頃のjunkoサンは可愛かったのでしょうね☆
チコリコル, 2008/09/01 8:12 AM
Ciao markさん
あ、markさんもそういう経験してるんですね。
じゃあ、余計にわかってもらえますよね。(笑)
この嬉しさ、結構持続してるんです。
はじめてだったんで、、へへへ

そう、この今って言う時も、過去という引き出しの中で存在し続けるわけですからね、
楽しくて充実したものをどんどん貯めていきたいですよね。。
junko, 2008/09/01 6:10 AM
まさに切な嬉しい体験ですね。
私も過去や未来の自分を一瞬見ることがたまにあったので、
過去・現在・未来が同時に存在しているというのは
何だか分かる気がします。
現在(今)、色々な事に気が付くと
過去も未来も同時に変化していきますよね。
だからこそ今何を想い描いて何を感じて生きるかが
とても大切な事のように思えます。
mark, 2008/08/31 11:53 PM
(笑)子供のころのおーリーさんて可愛かっただろうな、、
おーりーさんもそういう頃をとても大事に自分の中に持ってるってわかりますよ。

ほら、ちっちゃいおーりーさんが、手を振ってるよ。(笑)
junko, 2008/08/31 5:41 PM
junkoさんと同じような経験があります。
夢なのか現実なのか、いったい今自分が
どこにいるのか・・・・
こどものころの情景はなつかしいという
言葉だけではない、なんとも言えないもの
ですね。
おーりーおばさん, 2008/08/31 5:31 PM
Ciao さなぎちゃん
ありがと。
文才天才のさなぎちゃんにそう言ってもらえると嬉しいです。
え?如来の日?
如来の日ってどういうのなのかな?
神道や仏教ってなんかとっても興味あるんですよね。
聖なる日常の秘密を説いてくれるって言うか、、

うん、そうそう!垣間見た。
あ、やっぱりいたんだ〜!!って感じ
嬉しかった。(笑)
junko, 2008/08/31 4:30 PM
Ciao una-mela-rossaさん
こういうの白昼夢っていうんでしょうかね?
眠ってないんだけど、きっと脳みそのまだ十分に覚醒されてない部分が投影してくれてる。って言うか、、
うん、嬉しかったです。
そうそう、切な嬉しいみたいなね、
いまだにうれしい気分残ってますよ。、
junko, 2008/08/31 4:26 PM
Ciao Japaさん
犬や猫の首輪外しってホント可愛いですよね。
うちのチッチも外を放浪するので、用心のため首輪をつけたのですが、1日で外してきました。
Japaさんの写真が、心に触れるのは、きっと実際の風景のちょっと奥にあるそういった忘却のエッセンスみたいなものを写真に納めているからではないかな、、
フィルターを除いてるjapaさんの後ろでちょこんと座って待ってるMacが見える気がしました。(笑)
junko, 2008/08/31 4:23 PM
なんか今日のスゴクイイです(-^m^-)

“三時(過去・現在・未来の三つの時間〔つぶさには、その三時に対する分別〕)を越えたる如来の日”なんて表現が仏教にもありますけど、

ふとした意識の狭間に、本来垣根の無い隣り合う世界が垣間見えちゃったのかな
さなぎ, 2008/08/31 1:44 PM
懐かしい大好きな時代に行ってきたんですね。
目覚めた時は心がポカポカして、嬉しいような、切ないような感じだったんでしょうか。
私もJunkoさんの子供の頃を少し覗いてきた気持ちになりました。うーん、いいですね、なんかいいな。
自分が思ってもいない時に突然見る夢って不思議ですよね。
una-mela-rossa, 2008/08/31 10:37 AM
10年連れ添ったMacが死んで、あれほどの悲しみは、もう嫌だと、犬を飼う事をやめました。毎朝会うシェパードが、日増しに大きくなるのが楽しみです。首輪外しが得意だったMacが時々会いに行っては、強制送還された、前の犬が死んで、直ぐに買われた子犬は、半年で大人になりました。
忘却の彼方から、突然蘇る光景を捜しながら、写真を撮り続けています。
japa, 2008/08/31 5:55 AM









 
 
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.